店番しながら ずっと前に

  • 2020.07.02 Thursday
  • 17:46

 断捨離とまではいかないけれど、時々気合を入れて部屋を片付けることがある。きっかけはほとんどの場合、大事なものが無くなったとか、ここに置いたつもりの物が無いという時がほとんど。

 棚や引き出しの整理を念入りにしてもみつからないことも多い。そんな時は、羽が生えたり足が出て、どこかに逃げていったにちがいないとあきらめることにしている。

 ただ、たまに思いもかけない宝物がみつかる時がある。バブルペーパーにしっかりくるまれ、何年も眠っていたもの。誰にもみつからないようにこんなところにしまっているのは、何か大きな理由があったに違いない。とは言え、すっかり忘れてる。

 梱包を少しづつほどきながら、自分の記憶もほぐれてくる。

 海外でみつけた掘り出し物。一般的ではないけどどうしても欲しかったもの、きっと、後で価値が出るかと。

 そして、今では何かよくわからないもの。などなど。

 特に海外で仕入れた物の中で、これは今売らないでおこう、後でよーく調べて売ろうと思って、大事にしまって、すっかり忘れてしまうというパターンが多い。調べる時はすぐ調べないとこういうことになる。

 今は売らないという理由はいろいろあるけれど、その中でも下記は、「買ったはいいけど、売っていいものなのかな」としまっていたもの。

 Tiger Lily Tureen       Miniature set

    Susie Cooper Tiger Lily Tureen                            Miniature Set

 

 どこでいくらで買ったかは、ちゃんと記録しているのだけれど、売ってくれた人の言葉が、当時かなりひっかかった。

 「これは、誰かが人気のSusie Cooper のミニチュアセットとして製造販売したけど、正規の製品ではない。

  Susie Cooper のバックスタンプがあるけど、版元から文句が出て、そのあとの製造が続かなかった。

  だから、このTiger Lily のセットしかないんだ」

 

 私は、小さい物やドールハウスが昔から大好きなので、Susie Cooperのミニチュアセットを見つけた時はとてもうれしかった。

 他の絵柄はないのかと尋ねた時、先の説明を店の人から聞いた。

 たまたま、少し傷があったTiger Lily のチュリーンを持っていたので、その中にミニチュアたちを入れて蓋をした。

 間違って売らないよう奥に奥にしまった。数年後、暗い棚からチュリーンが出てきた時、ミニチュアセットとも再会できた。

 いろいろいきさつはあっても、ちいさくてやっぱりかわいい。時々、Susieコレクターの方に見てもらったりしている。

  

店番しながら Susie Cooper

  • 2020.02.20 Thursday
  • 14:30

 加志屋の店内には、Susie Cooperの食器が多く並びます。初めて、Susie Cooperの名前を知ったのは、20年以上前、ロンドンのアンティークショップのショーケースに、犬の絵のついたマグカップをみつけた時です。日常使いのマグカップの値段がとても高くて驚いたのと、シンプルな線で描いた生き生きとした犬の絵が印象に残りました。子供用の食器だったか、アメリカなどへの輸出用だったか、数少ない品だと説明されたのを覚えています。

 日本では、かわいい花柄のシリーズが人気ということで、しばらく高値が続きました。手が届かない時期は、イギリスの本屋で書物を探し、彼女の陶器デザイナーとしての人生と多くの作品を知りました。

 彼女の生まれ故郷のストーク・オン・トレントを訪ねた時、少しさびれた町を歩き、路線バスに乗りました。

 バスの中からふと見た停留所に endon と書かれていました。Susie Cooper は、この地名から、商品の名前を付けたんだと実感し、ここまで来てよかったとうれしくなりました。


 Susie Cooper  "Endon"  coffee cup&saucer trio  and  Backstamp

   ( 1938年 )

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM